スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋膜のつながりとは-アナトミートレイン英語版

先日、生まれて初めて洋書を購入。

断っておきますが、英語は全く読めません。

なのに購入した本とは、、、、、、

Anatomy Trains


アナトミートレインの第2版、

第1版の和訳版はすでに読んだがこれはその続編、第2版の和訳も出ると言う噂だか待ち切れず英語版を購入。

図や写真も多く、文章読めななくても購入した価値はあった。

第1版の英語版を読んだ人に言わせると和訳版はかなり内容が削除されているとの事、

和訳の第2版は第1版の追加に内容か、英語版第2版を和訳するかはまだ分からないらしい。

英語版の第2版を和訳するならせめて内容の削除だけは止めてほしい願うばかり。


アナトミートレインの筋膜のつながりとい概念は整体療法を行う上でかなり参考になった。


以前は身体の歪みを骨格として捉えていた、当然施療も骨格調整がメイン。

だだ骨格調整だけだとどうしても矛盾が生じる症例があり悩んだ時期もあった。

次に筋肉とい観点で物事を見たがそれでもなかなか疑問解決しない。

おそらく、身体には動的なつながりがあり、それに基づいて施療することにした、

そのことにより、施療の精度は格段に上がったがそれが何なのかよくわからなかったが、

この筋膜のつながり「アナトミートレイン」の概念に当てはめるとそれまで疑問が解けた感じがした。




が、、、、、、この筋膜のつながりはテンセグリティー構造なので理解するのはなかなか大変。




スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。