スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体通信 No.6

〓〓〓整体通信 No.6〓〓〓〓 
我が師と落花生
2006年9月17日配信

⇒⇒我が師と落花生(手や足がつる)⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
少し前の話になりますが、患者さんから落花生をいただきました。
その時、むかし師とのある会話を思い出しました。

当時、私は足がよくつると症状の患者さんを担当していて、
そのことを師に相談したときのことです。
「今担当している患者さんが足がよくつると悩んでいるのですが、、、、」
私は膝から下の二本の足の骨(腓骨と頸骨)のバランスが原因だと思って、
その辺のことを詳しく聞こうと質問したのですが、
師から帰ってきた答えは予想外の物、

「落花生食べさせろ。」

私はその答えにびっくりして、頭の中が?で一杯になりました。
なぜ落花生なのか?

その答えはマグネシウム(Mg)にあったのです。

このマグネシウムが筋肉の働きを制御するのに非常に重要な役割をします。
このマグネシウムが不足すると、筋肉の細かい動きをうまく制御できなくなります。
つまりマグネシウムが不足した状態で筋肉を伸ばそうとするとどうなるか?
うまく制御が出来ないので他の筋肉が伸びようとしてもある筋肉は動こうとしません、
しかし他の筋肉が動く以上その筋肉もつられて伸びようとします。
しかしその筋肉は伸びようとしてないわけですからそれ以上伸ばそうとすると、
筋肉の方でその以上伸ばされては大変という防衛反応が起こり縮みます。
この縮んだ状態で制御が不能になった状態を「足がつる」ということなのです。

サッカー選手が後半戦よく足がつるということが起きます。
これは大量発汗によるマグネシウムの欠乏が原因です。
また次のような人もマグネシウムが欠乏しやすいです。
よくお酒を飲む人、ストレスの多い人、カルシウム不足の人
また欠乏すると疲れやすくなり、中には手足のしびれを訴える人もいます。

「落花生を食べさせろ」と言ったのはこのマグネシウムを摂取させなさいと言うことだったのです。
落花生をはじめとするナッツ類はマグネシウムを多く含んでいます。
また、ひじきや海苔、いわしなどにも多く含まれています。

手や足がつりやすい人はマグネシウムの摂取を心がけてみて下さい。

師匠があえて落花生と言ったのはおそらく師が千葉県の人だったからだと思います。
千葉の特産品ですからね「落花生」

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
整体師をやっていると筋、骨格系の歪みだけで何とかしようとする傾向にある。
治療というのはやはりトータルで物事を見なくては片手落ちになる。
身体の構造だけでなく、材質にも注目しなくてはならないのは当たり前のこと、
「栄養療法」「食事療法」は非常に重要な要素。
その事を痛感させられた師匠との思い出話である。



まぐまぐ「整体通信」申し込み


携帯の方は
ミニまぐ「整体通信」申し込み



頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院


スポンサーサイト
プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。