スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体通信 No.56-カギは筋肉その1

〓〓〓整体通信 No.56〓〓〓〓 

⇒⇒カギは筋肉その1⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
わたしは患者さんへの説明に3ヶ月を目安にしてくださいと説明します。
その理由は筋肉の再生の時間なのです。
腰痛、肩痛、首痛、ひざ痛などの関節に関する問題は
背骨や手足の関節の変位による物だが、
その変位の原因を作りだしているのがそこに関連する筋肉なのです。

関節の変位を矯正するとそこに感じている痛みは、
すぐに消失、もしくは軽減されるのです。
ただ変位がひどい人はすぐに関節はずれた状態にもどり、
痛みが再現される事があるのです。
関節の変位がどのくらいで戻るかというと、
早い人で半日くらいで戻ってしまうこともあるのです。

私はどんな人も最初の一ヶ月は一週間に一度ペースで通ってもらいます。
整体師の中には2日~3日事に通いなさいと言う人もいますが、
わたしがどんなひどい状態でも週一ペースを守らせるのかというと、
正しくした関節がどのくらいの期間、安定しているかを見ているのです。


関節を安定させるのに重要な要因は何か?
それは筋肉と言うことになるのです。

つまり治る目安として、
関節が正しい状態になり、正常に稼働すること、
そしてその関節がその状態で安定すること、
ですから筋肉の再生が目安になります。

筋肉の再生の目安はどのくらいか?

筋肉細胞の代謝サイクルは筋肉の部位によって違いはありますが、
およそ60日間といわれています。
約2ヶ月で筋肉細胞はそっくり入れ替わるのです。
筋肉、骨格にアプローチをして正しい状態に戻す作業を開始して、
その施療方針が正しければ2ヶ月後には改善されるのです。

ですから私は3ヶ月を目安にと説明するのです。
代謝サイクル2ヶ月+1ヶ月。
1が月は予備期間としてみていただく時間で、
ホントは2ヶ月が目安なのです。
症状によってはもっと日にちのかかる場合もあります。
しかしほとんど関節疾病の場合、2ヶ月ほど改善していくのです。

整体療法を実践している人の多くが、
骨格調整中心か筋肉調整中心の考え方に偏る傾向にあります。
いろんな整体院に行った人が当院に来ると、
こんなやり方はあまり経験したことがないというのは、
私が筋肉、骨格両方に同等の重要性をもち、
施療しているからではないかと自己分析しています。

次回は同じような症例で同じように施療しても、
症状が改善していく期間が長くなる人もいれば、
予想よりはるかに早く改善していく人もいます。
その違いがどうして起こるのか?
その辺りをお話しします。

次回「カギは筋肉その2」をお楽しみに


⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒


まぐまぐ「整体通信」申し込み


携帯の方は
ミニまぐ「整体通信」申し込み



頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院




スポンサーサイト

テーマ : 体質改善
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。