整体通信 No.67-ヘルニアにはビタミン

〓〓〓整体通信 No.67〓〓〓〓

 
⇒⇒ヘルニアにはビタミン?⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
「椎間板ヘルニア」この状態なると、
脊柱から出でいる神経を刺激して、痛みが出ます。
腰痛の原因の一つにもなります。

椎間板ヘルニアが原因の腰痛で当院にお見えになる方も、
大勢いますがこの状態だと急激な力を加えての脊柱調整は無理ですから、
その部分に刺激を与えずに周りの筋肉を弛緩させて調整しながら、
痛みを緩和して、さらに再発しにくい身体していくのが私の施療方針なのです。

私の師匠は椎間板ヘルニアだという人が来ると、
必ず栄養指導をしていました。

「ヘルニアになるは椎間板が栄養失調の状態だからだ!」
というのが師匠の持論です。
確かに背骨に無理な力が加わり、椎間板が耐えきれなくなり、
ついにはつぶれてはみ出した状態がヘルニアなのですが、
姿勢も悪く、無理な力を背骨に掛けているのに、
ある人は「椎間板ヘルニア」になり、
ある人は単なる腰痛程度すんでしまう場合があります。

この差はどこから来るのでしょう?

それは椎間板の質の問題なのです。
栄養が行き届いた椎間板は弾力に優れ、
ある程度の圧力にも十分耐えうるのですが、
栄養が行き届かないと弾力がなくかたい椎間板になります。
このような場合、椎間板は壊れやすい状態になります。
ですから椎間板を良い状態に保つためにも
栄養状態を良くすることが大事なのです。

そのために重要な栄養素は「ビタミンC」なのです。

椎間板は椎体の間に存在する円形の線維軟骨。
この軟骨を形成しているのがコラーゲン。
このコラーゲンを形成するのに重要なのがビタミンC。
ビタミンCが不足するとコラーゲン形成にすごく影響が出てきます。

わたしがヘルニアという人を施療するときに特に注意するのが皮膚の状態、
コラーゲン形成がうまくいかないと皮膚もボロボロになってきます。
とくに椎間板ヘルニアの人、過去になったことがある人は
足の裏など皮膚状態が必ずと言っていいほど良くないのです。
皮膚の状態が良くないときはビタミンCが不足している状態なので、
椎間板の状態も悪いのです。
当然、椎間板ヘルニアのリスクは高まるわけです。

ですから椎間板ヘルニアの予防には栄養的に
ビタミンCの摂取を心がける必要があるわけです。

また関節に関係のある靱帯も
コラーゲン出来ているわけですから
身体の関節を円滑に動かす為にもビタミンCの役割が重要になるのです。

ビタミンCはメジャーな栄養素なので
以外と摂取しているような気になりますが、

本当に足りていると思いますか?

私がビタミン取ってくださいね言うと、

「野菜を結構食べていますから」

と言う答えが帰ってくることがあります。

しつこいようですがそれで本当に足りていると思います?

次号はその事に関連した師匠との思い出話、
師弟間で栄養療法について衝突!?



⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒


WEB版整体通信
http://otaseitai.blog94.fc2.com/



ご意見・ご感想・お問合せは

大曽根太田整体院
 太田 博士
ozone-ota@jk2.so-net.ne.jp

午前10時~午後8時まで
日曜は午後5時まで

月曜休み

電話052-982-0408

太田整体院携帯サイト
http://ota-seitai.com/i/



まぐまぐ「整体通信」申し込み


携帯の方は
ミニまぐ「整体通信」申し込み



頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院




スポンサーサイト

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク