スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者さんはポメラニアン(゜-゜)

ポメラニアン


先日、あるお宅に出張整体に行ってきました。

どうしても来院できない事情がある方に限り、お宅まで訪問して整体療法を行っています。

このお宅も何度か訪問したことがあるですが、私がこの家を訪ねると、
一番最初に飼い犬のポメラニアンが出迎えをしてくれるのです。

しかし、今回はそのお出迎えがない?

なぜだろうと思っていると、
そのワンちゃん数日前から後ろ足の調子が悪くなり、足をひきずっている。

獣医さんにもみせたが骨に異常はないのが股関節が少しずれているとの事。
しばらく様子を見て、治らなければ手術しかないと言われたらそうです。

「今日はこの子も診てくれませんか?」と飼い主さんに懇願される。

「このワンちゃんをですか?」、、、、、、汗

その方に以前私が友人の飼い犬の骨格調整をしたことがあるという話をしたことがあったので、
それでできれば手術しないように治してあげたい、そんな思いで私に依頼をしたわけてすが、、、、

実際、犬を本格に見たことはないし、犬の骨格を正確把握としているわけではないの、、少し悩みましたが、、、、

足を引きずって、つらそうにしているワンちゃん見ていたらどうにかしてあげたくなりまして、

とりあえず触診だけでもと思い取りかかりました。

何しろ言葉が通じないのでどこが痛いのかもわからないし、相手はとても人間に比べたら小さいので、

触診はすごく大変でしたが、腰椎の変位、股関節の筋肉、また骨盤周辺の筋肉に問題があること発見。

※犬の筋肉、骨の正式名称は知らないので人間当てはめたなら多分そのあたりという意味。

問題点を見つけたらあとは人間様やることは基本的に同じ、

一通りの施療を行い、最後に腰椎の骨格調整を行う。

びっくりしたのか「キャン」と泣き声をあげて、必死に逃げて自分の小屋に中に逃げ込んでしまった。

そのあと、いつも診ているそのお宅のご夫婦の整体療法を行い、私は帰りました。


その日の夜、その方が整体院に電話があり、

「うちのワンちゃん、足治りました、今では普通に歩いています」

とお礼の電話をいただいた、施療した時は、多分大丈夫だろうと思っていましたが、
何しろ犬の整体療法の経験ないので、、どうなるか読めないところありましたから私もホッとしました。


その方に、「これからは犬も治せるね、宣伝してあげるよ」と言われましたが、、、、、、

できれば人間様をメインで仕事を続けて行きたいのでやめてくださいとお願いしました(笑)

だって小型犬ならともかく、ドーべルマンとかの大型犬とは施療するのも怖いですから  (>_<)
スポンサーサイト

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。