体育の重要性

先日、小学四年生の女の子を施療した。

ある分野で凄い才能を持ったスーパー小学生と呼ばれている子。

小学生で大人顔負けの実力の持ち主なのでどのような身体をしているのか?

非常に興味があった。

施療をしていくうちに思わずうなった。

筋肉の質が小学生とは思えないほどしっかりした弾力がある。

小、中学生は何人も施療をしたことかあるがここまでしっかりした筋肉の持ち主はお目にかかった事は無い。

将来、どのスポーツを選んでもある程度の成績を残すことは可能ではないかと思わせる可能性を秘めている。

ただ、彼女が将来その才能を開花させるために最も重要な事は、、、

良い指導者に巡り合えるかどうかにかかっている。

子供が身体について教わる最初の指導者は習い事をしている子を省けば体育の教師が最初の指導者になる。

ただ全ての体育教師がそうだとは言わないが、、、、

ほとんど体育教師の運動に対する知識はお粗末と言っても過言ではない。

体育の授業のほとんどが身体の使い方を教えるというより、「がんばれ」に代表される根性論がまかり通っている。

たとえば鉄棒の逆上がりを教えるとき、出来ることは良くできたと褒め、出来ない子は「がんばれ」と叱咤激励する。

出来ない子がどうしてできないのかうまく説明することができないため、「がんばれ」練習すればできるからという根性論に走ることになる。

身体の使い方に対する知識が乏しいから体育の授業も内容が乏しいものになる。

昔ならそれでも良かったのです。

子供は体育の授業に頼らなくても、遊びの中で身体の使い方を学び、自然に鍛えられていた、

しかし、身体を使って遊ぶと言う機会がめっきり減った現代では、

子供の健康、才能の開花という面で体育の授業は非常に重要な意味を持つようになってきている。

広い意味での体育という意味で、学校の体育教師だけでなく、武道の指導者、スポーツインストラクターをはじめ、

バレエやダンスインストラクターなど、子供を指導する人は身体に対する知識を深めてしっかり指導してもらいたいと切に願います。



スポンサーサイト

テーマ : トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク