スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピラティスと側湾症-インストラクター認定

側湾症の方と一般の方では行っているピラティスレッスンのプログラムは少し違う。

どのあたりが違うのかというと、禁忌事項があるということ。

側湾症の方のレッスンを行うとき一番気をつけなければいけないのは、

背中に強い衝撃を与えたり、背骨に強い負荷を与えることは絶対にNGになる。

だから、数あるエクササイズの中でこれはしてはいけない項目がある。

さらに側湾の度合い、側湾している箇所などで禁忌事項は変わってくる。

当教室のインストラクターさんはそのことを熟知したうえでレッスンプログラム構築している。

昨日の記事で認定制度の話をしたが、側湾症の方も当然、インストラクターを目指してほしいと思っている。

しかし、やってはいけないエクササイズがあるので認定試験を受けるときどうすれば?

そもそも、試験を受けれるのか?

そんな疑問がわいたので、インストのマリコ先生に協会に問い合わせてもらった。

問い合わせ先は、「AFAA JAPAN」様

当教室で上級認定が受かったら、この協会の認定を受けてもらおうと思っている。



その「AFAA JAPAN」様から問い合わせの返答が届いた。

その返答がこちら↓
---------------------------------------------------------------------------------
お問合せありがとうございます。
側湾症の方でも資格に挑戦いただくことは可能です。
ただ、実技試験の中には背骨に衝撃を与える内容も含まれて
おります。この点に関しては当然避けなくてはならないので
マイナスポイントとなります事はご了承下さい。
他で補い、合格することは可能ですが、
身体の事ですので。主治医の先生のアドバイスのもと、
自己責任においての動きとなるかと思いますのでどうぞよろしく
お願いいたします。

******************
    AFAA JAPAN 
----------------------------------------------------------------------------------

とりあえず資格認定に挑戦することができるようなので安心しました。
また、マイナスポイントを他で補うことも可能であることも安心。
側湾の方でもしっかり練習すれば合格できることがわかりました。




ピラティスを徹底指導
ピラティスクラブ@コントロジー名古屋




スポンサーサイト

テーマ : ピラティス・ヨーガ
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。