半分の脳-脳はよみがえるのか?

先日、ピラティス教室の上野先生から興味深い話を聞いた。

大阪でのピラティスセミナーに参加した時に講師の先生から聞いたそうだが、


その先生がリハビリセミナーに参加した時、脳が一部ないという人がいたそうだ、

若いころにサーフィンをしていて、サーフボードが頭に突き刺さり、脳を一部失ったそうだ。

しかし、その人はしっかりしゃべれるし、読み書きもできる。

日常生活にはほとんど支障がないそうだ。


この話をきいて脳が無くても生きていけるのか?

そんな不思議な疑問を持った。

で色々と調べて見た。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
中国の武漢市に住む39歳の女性が体の不調を訴えて病院に来て、
そこで医師がとんでもないことを発見したそうです。
なんと彼女の脳みそが半分しかないことがわかったらしい。
この女性は今まで普通に生活をしてきたそうですが、
地元の病院のチャン・リンホン医師がMRI(磁気で脳を3Dで描写する方法)を撮ると彼女の脳は右側しか無いことがわかったそうでビックリしたそうです。

通常は人間の脳ってのは言語を司るのは左脳とされているそうですが、
この人は会話などをするのに全く問題はなく、
この女性の母親も娘が普通の生活を送っていると言っているそうです。
彼女の記憶力はとても良く、高校も良い成績で卒業して電話番号や名前などもすぐに記憶するそうですよ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

こんな例もある

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年7月のある日のこと、中国江蘇(チャンスー)省在住のワン・イーカイ君という19歳の少年が自宅近くの路上で突然の悲劇に見舞われた。ワン君は、同省西南大学への合格を果たしたばかりだった。9月から始まる大学生活 ― 前途洋洋たる未来が彼を待ち受けているはずだった。なのに、1台の自動車が無残にも彼を跳ね飛ばし、彼の頭蓋骨と大脳を破壊した。

瀕死の重傷を負ったワン君は地元の病院に搬送され、緊急手術を受けた。1回の手術では済まなかった。入院後1週間にわたり、連日のように手術が行われた。そして医師たちは、ワン君の家族に告げた。彼の右脳は修復不能なまでに破壊されてしまっている、と。

ワン君の母親は、彼の病室に泊まりこみ寝ずの番を続けた。彼女自身、看護師の仕事をしていたが、いつなんどき息子の容態が急変するやもしれぬと心配でたまらず、一睡もせずにベッド脇でワン君の回復を祈り続けた。だが、母親は体力の消耗が激しく、結局、病院の医師が強制的に彼女に睡眠剤を注射して眠らせることを余儀なくされた。

母親は、そのときのことをこう回想する。「息子の傍を離れる気にはなれなかったのです。健康で幸せそうなよその子が道を歩いているのを見ると、泣き叫びたい気持ちになったものです。

「でも、希望を捨てたりなんかしませんでした。息子はきっと治るんだと信じていました」

だが、ワン君はいつまでも意識不明の状態が続いた。およそ1ヶ月が経ったある日のこと、ワン君はついに目を覚ます。母親と父親は意識を回復したワン君を見て、たいそう喜んだ。・・・だが、ワン君は二人が自分の両親であることさえ認識できなかった。ほとんどの記憶が失われてしまっていた。

頭部に強い衝撃を受け、さらに右脳の大半の機能を失ったことにより、ワン君の知能は回復不能なまでに低下してしまったかに見えた。医師たちも、彼の症状を「認知症」と呼んだ。自分の身の回りのこともできず、両親や病院のスタッフと上手くコミュニケーションを取ることもままならない。

だが、家族はあきらめなかった。事故から2ヵ月後の2005年9月(それは本来なら、ワン君が西南大学に入学していたはずの月でもあった)、ワン君は上海の崋山病院に転院し、さらなる手術とリハビリを受けることになった。

そして、2006年が明けて間もないある日のこと、ワン君は目を覚ますと、つぶやくようなかすかな声ではあったが、はっきりとした言葉を母に投げかける。「体中が痛くてたまらないよ、お母さん」

その日を境にワン君は記憶を徐々に取り戻していった。

医師たちがワン君をCTスキャンにかけたところ、彼の右脳の実に75パーセントの機能が喪失していることが判明した。この脳損傷により、ワン君の聴力、短期記憶、情動、空間感覚に障害が生じていた。

鍼療法により神経線維を刺激する治療が行われることになった。

母親は、いつもワン君に付き添い、何か効果がありそうなことを積極的に試すようになった。たとえば、数の概念を強化するためにワン君とトランプゲームをしたり、家族や友人の電話番号をワン君に暗誦させるなどして、リハビリを続けた。

そして、悲劇的な事故から2年が経過した今、ワン君はまだ頭蓋骨の中にチタン合金を埋め込まれている。大学にも、まだ出席できずにいる。だが、彼の知的能力は奇跡的な回復を見せている。5回の大脳手術を受け、右脳の75パーセントを失ったワン君の現在の知能は、一般的なレベルをはるかに超えている。

中国で広く採用されているWAIS-RC式知能検査で、ワン君の言語能力は140点満点中、なんと138点をマークした。100点から120点というのが一般人の平均的スコアであり、138点というのは稀に見るハイスコアなのだ。

また演算能力においても、140点満点中、119点をマークしている。ワン君は脳損傷の影響で視界の一部が失われている。その障害がなければ、もっと高いスコアを叩き出したに違いない、と医師たちは見ている。

ワン君は、自分のブログにこう書いている。「過去2年間、尿意や便意を制御できない毎日が続いている。でも、ベッドはいつも清潔で暖かい。昼も夜も、母がベッドサイドにいて、僕の世話をしてくれているからだ。母が世話をしてくれて勇気付けてくれるからこそ、僕はやって行けている。生まれ変わっても、また母の子として生まれたいと切に願う」

脳機能の専門家ジャン・チョンリー氏はワン君の症状について、こうコメントしている。「この若者にとって不幸中の幸いだったのは、言語能力と論理思考を司る左脳が損傷を免れたという事実でしょう。このような場合は、それぞれの脳細胞を再接続してやれば、知能の回復が望めるのです」

事故で脳の半分が破壊されて知的能力を失った青年が奇跡的に回復し、知能テストで稀に見る高得点を叩き出す

--------------------------------------------------------------------------------------------------------




このような例からも脳には可塑性があり、例え脳に障害を持つような症状に陥り、
後遺症を負ったしても、その後リハビリでかなりレベルまでの回復は可能なのです。

特に運動機能は身体にダメージが無ければ、根気よく運動療法を続けていけば回復可能であると考えます。


そういう意味でのピラティス・エクササイズは「安全」にしかも「楽しく」継続していくにはもってこいなのではないでしょうか



追記雑談
脳が半分ない話を上野先生から聞いた夜、今ハマっている海外ドラマ「ドクターハウス」のDVDを借りに行ったら、
これまた、脳を半分切除する話がありました、、、、、、これはシンクロニシティ?

34619866_29s.jpg         

ドクターハウス シーズン3
15話「人生に幸あれ」





スポンサーサイト

テーマ : ☆脳卒中☆
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク