スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体通信 No.70-パーソナルスペース

〓〓〓整体通信 No.70〓〓〓〓

この記事は2007年12月16日にメルマガ「整体通信」として、
配信されたものです。


 ⇒⇒縄張り⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
皆さんは「パーソナルスペース」という言葉ご存じですか?
いったいどんなものかというと、
コミュニケーションをとる相手との物理的な距離のことです。
簡単に言うと”縄張り意識”です
たとえば、親密な関係の人とは近い距離で話ができるけど、
初対面の人がいきなり近づいてきたら、
不快な気分になりますよね。
それは、自分のパーソナル・スペースに侵入されたからです。

例えばゴルゴ13は自分の後ろ側にかなり大きなパーソナルスペースがあります。
そこに不用意に侵入しよう物ならかなりダメージを負うことは必須です。(笑)
事実、犯罪心理学で凶悪犯の後方のパーソナルスペースはかなり広いのです。
ゴルゴ13の主人公の設定は心理学的に正しいわけです。
g13.jpg


このパーソナルスペースは相手によって凄く変化します。
嫌いな相手に対してだと大きくなります。
逆に好きな相手であれば小さくなっていくのです。

嫌いな相手が同じ部屋にいるだけで何やら不愉快な気持ちなったりします。
この場合かなり広いパーソナルスペースが展開されているのです。
好きな人の場合は隣に座っても平気なわけです。
この場合のパーソナルスペースは小さくなるわけです。

では普通の見ず知らずの人に対しては
どのくらいのパーソナルスペースが必要かと言いますと
個人差がかなりあるのですが大体3メール以上だそうです。

初対面のひとが3メートル以内に近づくと緊張状態になるわけです。

この状態が維持できない状態、
例えば満員電車場合は知らない人と3メートルどころか、
3センチ離れるのも無理なときがあります。
このときに人は意識的にパーソナルスペースを小さくするのです。
でも小さくするにも限界があるので
満員電車は凄くストレスがたまる物なのですね。

またこのパーソナルスペースは内向的な性格であるほど大きくなる物なのです。

最近、電車とかに乗ると必ず音楽を聴いているか、
携帯を一心不乱に触り続けている若者をよく見ます。
これは意識的にパーソナルスペースを小さくしようとしている表れで、
たいして混んでいないのにこういう行動を好むのは、
普段のパーソナルスペースがいかに大きいかと言うことなのです。
それだけ若い人は内向的傾向が強いと言うことです。

なぜ今回このような事を書いたかと言いますと、
先日、ある方の主催の忘年会に出席したのですが、
明らかに店の定員を軽くオーバーする人数がそこで宴会をするのです。
このような場所でパーソナルスペースを大きく保つのは不可能、
意識的に小さくします。
その空間に長くいれば隣の人が知らない人でも親密に話せるようになるのです。
それが忘年会の主催者の意図なのか?
それともあまり考えずに行っているのか?
どちらなのだろうとその忘年会のかえり考えていました。
恐らく意図ですな

この時期「鍋を囲む」という人も多いのではないかと思います。
この鍋を一緒につつくという行為も
パーソナルスペースが大きいと不可能ですね。
ですから一緒に鍋をするのも親密な関係築く良い手段ですね。

寒くなってきました鍋を囲んで一杯なんていうのに良い季節です。

ただ飲み過ぎにはくれぐれもご注意を!
(自戒の意味をこめて、、、、)

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
バックナンバーなので季節感の違う内容ですね。(^_^;)




WEB版整体通信
http://otaseitai.blog94.fc2.com/



ご意見・ご感想・お問合せは

大曽根太田整体院
 太田 博士
ozone-ota@jk2.so-net.ne.jp

午前10時~午後8時まで
日曜は午後5時まで

月曜休み

電話052-982-0408

太田整体院携帯サイト
http://ota-seitai.com/i/



まぐまぐ「整体通信」申し込み


携帯の方は
ミニまぐ「整体通信」申し込み



頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院
スポンサーサイト

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。