スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体通信 No.78-教わる体力

〓〓〓整体通信 No.78〓〓〓〓

この記事は2008年2月17日にメルマガ「整体通信」として、
配信されたものです。

最新号の読みたい方はこちら↓

メルマガ整体通信はこちら↓

http://www.mag2.com/m/0000280563.html


⇒⇒教わる体力⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
先日こんなニュースが、
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬文部科学省は15日、幼稚園から中学校までの新学習指導要領案を公表した。
「ゆとり教育」を掲げた現行指導要領が学力低下の一因とされた点を踏まえ、
理数や国語などの主要教科で小中学校の授業時間を1割増、
学習内容も増やした。小学5年から英語が必修となるほか、
改正教育基本法を受け、伝統文化の学習と道徳教育を充実させる。
1977年の改定以来、減り続けた総授業時間は約30年ぶりに増加に転じる。

理科(実験、観察を含む)は約23%となる。仮分数の計算や台形の面積の求め方、
イオンや遺伝など現行要領が削除、高校に移行した内容の多くを元に戻す。

最近の小学生や中学生の教科書を見ると恐ろしく薄い感じがしていました。
また理科が大好きな私にとってはゆとり教育で理科の時間が減らされたり、
内容が薄くなることは許せない物がありました。
日本の経済をみれば理科をおろそかにして国際社会のなかで
生き残っていけるはずがないことくらいわかりそうな物なのに、、、
社会的な見解は別の機会に別の機会にしまして、
身体的に今回のニュースを見ていきたいと思います。

文部科学省の考えでは単純に授業時間を増やせば、
学力は回復できると考えているようですが果たしてそうなのでしょうか?

単純に授業数を増やして教える量を増やしても、
教わる側に受け取るだけの容量がなければただの無駄な時間になります。

小中学校などの学校現場では、
近年、普段はおとなしい児童・生徒が教師から注意を受けると、
突然、「うるさい」と食ってかかったり、教師に暴力を振るったりする
「キレる」行動の増加が問題になっています。
この原因は子供の体力低下関係があります。
最近の「子供の身体調査」という比較では、
「すぐに疲れた」という子供が小、中、高校生で80%にものぼります。
腰痛を訴えるこどもは、はほとんどいなかったのに、
現在では中学生で70%、高校では80%にも登ります。
疲れていたり、身体に不調があれば大人でも不機嫌になります。
この身体ボロボロの状態で勉強をしなさいといっても、
果たして身に付く物なのでしょうか。

私もたまにセミナーや講習会に出掛けて、座った状態で講義を受けますが、
座って講義を受けるにもかなりの体力を使います。
長時間の講義だと聞いているのもつらいと思うときがあります。
またその講義がつまらないと苦痛以外の何者でもありません。

腰掛けて大人しく授業を受けているだけでもかなり体力を要します。

最近の小中学生は授業中に徘徊していたり、寝ていたり、しゃべっていたり、
他の事をしていたりするらしいです。
私がこども頃では考えられない事です。

このメルマガを書き始めたときやがてくる大腰痛時代についてかきましたが、
そのときに地べたに座り込む子供は行儀が悪いのではなく、
筋力低下により立っていられないと言いました。

授業を受けるときも同じです。
彼ら座っていることが出来ないのです。

なぜこのようなことになったのか?

どうすればよいのか?

その辺のことは次号に続きます。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒


まぐまぐ「整体通信」申し込み


携帯の方は
ミニまぐ「整体通信」申し込み



頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院




スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。