スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体通信 No.89-肩こり、今昔その2

〓〓〓整体通信 No.89〓〓〓〓

この記事は2008年5月4日にメルマガ「整体通信」として、
配信されたものです。

最新号の読みたい方はこちら↓

メルマガ整体通信はこちら↓

http://www.mag2.com/m/0000280563.html

⇒⇒肩こり、今昔その2⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
前回、パソコンの業務で肩こりが起きるのはなぜ?
カギは「えんぴつ」あると言いました。
なぜえんぴつにあるのかというと、
えんぴつで字を書くときのことを思い出してください。

手に力が入っていますか?

試しに握り拳を握るような力でえんぴつもしくはシャープペンで字を書いてください。
多分うまくかけないかもしくは芯が折れます。

手の力を抜いて書かないとうまくかけないのです。

当たり前のような話なんですが、
力を抜いて作業すると言うことがとても重要なことなんです。

もう一つ試して欲しいことがあります。

力のを抜いて手をぶらぶら振って見てください。
しばらく振り続けても手はつかれないし、
もちろん肩などに負担は感じないはずです。

では今度は握り拳を握り、手に思いっきり力を入れて
同じような動作をしようとしてみて下さい。
うまくできないばかりか肩や肘にすごく負担を感じませんか?
この力を入れて手を振ったときの違和感や
肩や肘の負担が肩こりの要因となる物なのです。

えんぴつなど筆記用具で文字を書こうとするときは
力を入れれば芯が折れたり、文字がうまく書けないわけですから
無意識に肩や手の力を抜いて作業する訳なのです。

逆にパソコンで作業するときはどうでしょう?
キーボードやマウスは少々力をいれても壊れません。
だからといって馬鹿力を出してマウスを握っている人はいませんが、
無意識に力を入れていると言うことはあると思います。
人は緊張状態になってくると無意識に力が入るものなのです。
この緊張は自分でなかなか気付かない物なのでやっかいなのです。
以前このメルマガで「ゆでがエル」の話をしたと思います。
人間も急激な変化なら気付きますが緩やかな変化のときには、
その変化に気がつきづらい物なのです。

これがえんぴつなどで文字を書いているときには芯が折れたり、
文字が書きづらくなったりして身体の疲労に気がつくきっかけを作ってくれるのですが
パソコンで作業しているときは少しずつ身体が緊張状態になっても、
キーボードやマウスが壊れるわけではありません。
知らない間に肩や腕に変な力が入り、そのまま作業続けていけば、
身体を痛める事になります。
またキーボードやマウスを操作しなくてもパソコンの画面を眺めているだけで
緊張してくる物なのです。

この気がつかずに緊張している状態がとても問題なのです。

昔のデスクワークは書くことが主体の仕事です。
力を入れて字を書いていればすぐに疲れますし、
文字もうまく書けないでしょう。
昔は自然と力を抜いて仕事していたに違いありません。
だからそんなに肩こりを訴える人が少なかったわけです。
当然、忙ししければ仕事量も多かったでしょうが、
その時に感じていた肩こりとは主に疲労なのです。

疲労であれば休めば回復します。

今のデスクワークで肩こり、首痛というと疲労を通り越して、
もはや破壊と行った表現が当てはまるような人もいます。

こういう場合は休めば治るレベルではなく何らかの対処が必要になります。
休む事によって回復させるにしても回復までにはすごい時間がかかります。
今の社会状況でそんなに長い間休むなど言うこと無理な話です。

だから整体やマッサージその他の療法をおこない、
少しでも早く回復させたい。
そんなニーズがあるからこそ整体院やその諸々施設の数が
ここまで増えた訳なのです。

脊柱調整や筋肉調整を行えば回復が早くなりますし、
脊柱の歪み自体が痛みの原因なっている場合がありますから
歪みを整えれば痛みは消失します。
しかし歪む要因を取り除かないことにはその痛みはすぐに再発するでしょう。

不自然な力を入れた状態で仕事をするのをやめればいいのですが、
一度ついたくせを治すのは結構大変なことなのです。

今は私の中でこのパソコンによるデスクワークを身体、
特に肩や首などを痛めずに行うことはテーマになっているのですが、
すいません、うまくアドバイスする方法が思い浮かびません。

でも私の中で一つヒントになるようなことは頭にあります。

それはピアニストなのです。
私の推測だとうまいピアニストは長時間ピアノを弾いても疲れないのだと思います。
例えばコンサートなど無理な指使いをしていれば身体の疲労がおこり、
多分その音色に影響が出る物だと思うのです。

無理のないピアノの弾き方をキーボード入力動作に応用すれば、
多分あまり疲れないパソコン作業のやりかたとして
アドバイスできると思うのですが、、、

ただ残念なことにそれを検証したくてもわたくし、楽器が全くダメでして、
ピアニストの知り合いもいません。

だれかうまいピアニスト知りませんか?


⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒



まぐまぐ「整体通信」申し込み


携帯の方は
ミニまぐ「整体通信」申し込み



頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院




スポンサーサイト

テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。