歪なテンセグリティー

昨日に引き続きテンセグリティーの話。
201006301504000.jpg

この材料を輪ゴムの張力を考えずに組むと、、、、、

201007011228000.jpg

このように歪なテンセグリティーになります。

ここからきれいな構造のテンセグリティーにしていくには全体のバランスを考えながら、
輪ゴムの張力を調整していく必要があります。

写真の歪なテンセグリティーの輪ゴムの張力を調整していくと、、、

201006301503000.jpg

このように調和のとれたきれいなテンセグリティーになります。

この輪ゴムの張力を整えて行く過程は整体療法にすごく通じるところがあります。

歪なテンセグリティー=不健康な身体
整ったテンセグリティ=健康な体



輪ゴムを筋肉、木の棒を骨格と考えると、、、


木の棒のバランスを取ること=骨格調整
輪ゴムの張力のバランスを取ること=筋肉調整



歪な身体の筋肉や骨格のバランスを取っていくことは身体のテンセグリティー構造を整えていくことと同じなのです。



身体をテンセグリティー構造で表すとこんな感じになるのでは、、

20091004_905778.png


テンセグリティー模型を組み立てるとわかるのですが輪ゴムの張力のネットワークを理解するのはなかなか難しい。









身体の筋肉の張力バランスを理解するのはなかなか難しいのですが、
ある本に身体の張力のネットワークの地図のようなものが書いてあります。




この本を読むと身体の張力ネットワークの理解が少し深まります。

手技療法家やボディワーカーには是非読んでほしい本です。





スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク