スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

側湾症と肋骨-呼吸法

l112.jpg

側湾症が進行していくと何が問題なのか?

大きな問題に内臓の圧迫心肺機能の低下がある。

この問題に大きく関係しているのが胸椎の側湾です。

胸椎の側湾は肋骨をバランスみて整体療法や運動療法を進めていかなくていけないのでなかなか難しい。

ただ、この肋骨の歪みをなんとかすることで胸椎の側湾の進行を食い止めて、さらには身体のバランス改善していくこと可能でないかと最近すごく感じるようになってきました。

キーワードは「呼吸法」

特発性側湾症で装具療法で外部から固定しても胸椎の側湾が進行してしまうのは、
肋骨内部に歪んでいくスペースがあるからで、もしそのスペースを無くしまう、もしくは肋骨自体を歪まないようにすることが非常に重要。

そのためには肋骨と関係のある呼吸筋群を鍛えること、さらには肋骨内部の内圧をあまり下げない呼吸法を身につけていくことが肝心。

最近、ピラティスのレッスンの最中にMARICO先生から肋骨をいくつかのパートに分けてその場所に呼吸を入れるとというレッスンを受けている。

そのレッスンを応用すれば側湾症の方の肋骨の歪みの問題に細かな対応が可能になる。

肋骨を細かく8つのパートに分けてその場所に呼吸を入れる訓練をしていけば肋骨の歪みの進行防止はもちろん、
歪みの改善にも大きな可能性が出てくる。

以前から胸椎の改善には肋骨という大きな問題があって、頭を悩ませていたが、
解決の糸口をつかんだ感じがする。








側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html

スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。