スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体通信 No.107-アキレス腱

〓〓〓整体通信 No.107〓〓〓〓

この記事は2008年9月7日にメルマガ「整体通信」として、
配信されたものです。

最新号の読みたい方はこちら↓

メルマガ整体通信はこちら↓

http://www.mag2.com/m/0000280563.html


⇒⇒アキレス腱⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
もともと身体の関節が動くためには筋肉が伸縮して骨を動かすのです。
つまり筋肉は骨にくっついてなくてはなりません。
しかし柔らかい筋肉はそのままでは骨にくっつくと言うことはできません。
柔らかい筋肉と骨を仲介する「腱」というものが存在します。
アキレス腱は足首の後ろに存在する。
ふくらはぎの中央近くからかかとにかけての部位を占め、
長さは約15cmほどで最も強靭かつ太い腱。
人体の中で一番大きな腱でもあります。

なぜ、一番大きく、強靱な腱が足首の後ろに存在するかというと、
それだけ大きな力がそこにかかるからなのです。
アキレス腱は跳躍や歩行、疾走のときに
つま先をけり出すのに大きな力を発揮します。
身体の全体重を動かすわけですから凄い負荷がアキレス腱にはかかります。
とくに跳躍や疾走の時にはふくろはぎの筋肉の爆発的な力を
足の骨に伝えるわけですから太く強靱な腱が必要になるわけです。

アキレス腱は非常に強靱な腱ですがその強靱さ故に非常にもろい面もあります。
よくあることの弱点を表す言葉に「~のアキレス腱」と言う言い方をします。
実際にアキレス腱がダメになるとどうなるのか?
一番わかりやすい例が「アキレス腱断裂」。
断裂した瞬間に歩行は困難になり、
特につま先立ちは全く不可能となり、歩行できたとしてもベタ足状態です。

歩行が困難になると言うことは生きていく上でとても不自由なことなのです。

このアキレス腱断裂ひどいときには自分でも気がつきますが、
部分断列と言って一部か少し断裂したくらいでは気がつきません。
今、この本人が気づかない部分断裂の人が凄く多いのです。
さらに怖いのが部分断裂した状態でいきなり強い負荷の運動をすると、
完全断裂を起こすことがよくあります。
運動不足のお父さんが子供運動会などでむきなって走り、
アキレス腱を切ったなんて話をたまに聞きます。

部分断裂していると自覚ないのですが歩行時に正しく力を伝えないので、
足や腰の筋肉に変なストレスがかかり、
腰痛や股関節痛、ひざ痛などの原因にもなります。

身体全体のアライメントの面から見ても、
アキレス腱の施療はとても重要なのですが、
筋肉や骨格、筋膜の調整法は色々知っているのですが、
腱の調整法となると今まではストレッチ法くらいしか方法がなかったのですが、
柳生心眼流の島津先生から腱の治療法についてとても効果的な方法を教わり、
それを施療の中に組み込んだところに意外なほど効果があがっています。
長年、色んな身体の不具合に悩んだ患者さんがいるのですが、
施療すると良くなっていくのですが、
なかなか状態が安定しない患者さんがいたのですが、
アキレス腱の施療を試してみたところ、
状態が安定するどころか連動していろんな所が改善していきました。
あらためて身体の土台を安定させる重要性に気付かされました。

アキレス腱は人が二足歩行になったとき、四足歩行ときより
多大な負担を強いられるようになり強靱な腱に進化したのですが、
そのため弱点にもなったのです。
弱点ならばそこをうまくケアしていけばいいのです。

前回も話しましたが土台が狂うと全てがおかしくなっていくのですから、
土台のケア重要ですよ。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒


少し前になるがピラティス教室の生徒さんの足裏の角質のできる場所について、
マリコ先生に調査してもらった。

やはり体の歪みがある人は角質のできる場所が特徴的。

角質ができること自体、足裏への体重のかけ方に問題がある。

足裏見るだけでも身体の歪みが想像できる。




まぐまぐ「整体通信」申し込み


携帯の方は
ミニまぐ「整体通信」申し込み



頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院




スポンサーサイト

テーマ : 整体
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。