スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体通信 No.23

〓〓〓整体通信 No.23〓〓〓〓 
○脾臓の働き
2007年1月21日配信

⇒⇒脾臓の働き⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
脾臓という臓器をご存じですか?
肝臓、腎臓なら皆さんも知っていると思います。
脾臓のある場所は?
直ぐ答えられるとはエライ?
かなりの解剖学の知識かあると思います。

この脾臓があまり知られていないのは西洋医学では、
大人になってしまうとこの脾臓は不要な物で
摘出しても問題ないとされているからです。

脾臓の働きとは?
1.血液の濾過
2.異物の処理
3.造血
4.血液の貯留


これらの機能は子供頃活発なのですが、
大人になると肝臓やリンパ節、骨髄などがその役割をまかなうようになるため、
摘出しても問題ないとされています。

しかし東洋医学ではこの脾臓は大人になっても
重要な役割をしていると考えられています。
特に免疫機能です。
身体の老廃物処理する臓器は肝臓ですが、
風邪のウィルスなどに犯されると肝臓だけの処理機能では間に合わず、
脾臓がその役割を補佐するようになります。
また免疫機能で重要な抗体の生産にも重要な役割をし始めます。

内臓に疲れや炎症など発生したときにはその臓器の働きを
カバーする重要な臓器なのです。

逆の見方をすれば肝臓、リンパ節、骨髄などの
健康に重要な臓器をコントロールしている親玉みたいな存在なのです。
ですから代謝異常的な病気、
肥満、高血圧、皮膚病、リウマチ、甲状腺疾病なども
この脾臓のケアが重要になります。

この脾臓のケアで重要な点は冷やすことなのです。
他の臓器のケアには温めが重要ですが、
この脾臓に関しては「冷やす」
他の臓器の働きが落ちたときに働くので、
身体が病的な状態になったときは
この脾臓はフル回転のオーバーヒート気味になります。

脾臓の位置は
左脇腹の上部、胃の裏側にあります。
冷やすときは肋骨の一番下、少し背中側から
冷やすと効果的です。

脾臓は胆汁の生成にも重要な役割をします。
胆汁というのは強力な殺菌力を持っています。
胆汁の働きが強いとウィルスなどから身体を守ります。

西洋医学では軽視されがちですが、東洋医学では凄く重要なのです。
脾臓だけにまさに秘蔵の話でした(笑)
お寒いオヤジギャグが炸裂したところで(^^)/~~~

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒


まぐまぐ「整体通信」申し込み


携帯の方は
ミニまぐ「整体通信」申し込み



頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院




スポンサーサイト

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。