スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

側湾症と健康診断

先日、腰痛と側湾症の相談で来院した患者さんがいた。

少し前に会社の健康診断で側湾症であると指摘をされたが、

そのまま放置。 最近になって腰痛を発症して心配になり来院した。

このようなケースで特有なのが、

側湾症がひどくなると腰痛もひどくなるという相関関係があると思い込んでる。

このブログでも度々書いているが、

側湾症≠腰痛

密接な相関関係はないので腰痛が発症したからと言って側湾が進行しているとは限らない。


今回の方は健康診断の時に医師から

「かなり進行してますね~」

と指摘を受けたことが不安をあおる要因になったのだが、、、、

社会人になってから健康診断で側湾の疑いありと指摘された人は注意をしてほしい。

まず、会社関係で健康診断に来る医師は予防医学の専門医が来ればましな方で、

ほとんど場合が研修医が狩りだされるのが普通。

たしかに医学的なことに対して一通りの知識はあるが、

側湾症の専門医ではないということを認識してほしい。

研修医が一枚のレントゲン写真から過去の進行具合まで判別できるのだろうか?

専門医でも経過観察を経て進行具合を判別する、しかもその判断はなかなか難しいもの、

健康診断に来る研修医にそこまで判別できるわけがない。

確かに一般の人が

「背骨が曲がってます」

「進行してますね~」


などとしたり顔で言われたら不安に襲われるのも無理はない。

凄く不安になり、側湾症をネットで調べて、

どうにかしたいという思いで整体院に駆け込む人もいる。


しかし健診で発覚する側湾は軽度なものが多いので
それほど深刻になる必要はない。


健診で側湾の疑いあり言われたら、一番にすべきことは、

現状を正しく把握すること!!

健診で側湾の疑いありと診断されたら、専門医の所へ行き、

背骨のどこが、どのように、どのくらい側湾しているか調べる。

これをしてから治療の方法を選択すべき。

当院にも側湾なんですけどという問い合わせがくるが、

「どこの側湾?、角度はどのくらいですか?」と質問するとほとんど人がわからないという。

これでは当院で対応できるのかどうかもわからない。

電話などで側湾の治療の実際を説明して、

「まず整形に行き、側湾の角度がどのくらいか把握して、それでも不安ならもう一度連絡ください」

このように説明するとほとんど人が連絡をよこさない。

つまり大したことはないということ。

健診で側湾の疑いあり言われて、

あせって整体院に駆け込む前にまずは現状把握をしなさい。

いろいろと相談に乗れるのはその後からなんです。



肩こり、腰痛、片頭痛、側湾症のお悩みは
名古屋市北区、東区大曽根の整体
     
      大曽根太田整体
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 名古屋 整体 側湾症

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。