スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体療法の限界 その1 整体療法とは

最近、整体療法の限界についてよく考えるようになった。
世の中に全てに対応できる治療法は存在しないと考えている。
どのような療法にも得手不得手があり、かならず限界もあるはず。
そこを理解せずに療法をおこなっても精度の高いにものにならない。

巷には自称ゴットハンドの療術家が氾濫している、
皆さん自分の手技ですべて治せるように豪語しているが限界について語っているのをあまり聞いたことがない。

しかし現時点での限界についてしっかり考えないとその先の成長はない。

ではそもそも整体療法とは何なのか?

整体(せいたい)とは-

整体(せいたい)とは、脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)など、からだ全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正、骨格筋の調整などを、手足を使った手技と補助道具でおこなう技術体系およびその行為[1][2]。医療制度から見れば補完代替医療の一種[3]、法制度からは医業類似行為の一種とされる。「整体術」・「整体法」・「整体療法」 とも呼ばれる。光線療法・温熱療法など周辺の技術を含め、以前から療術の一つとされてきた歴史[4] があり、今もそのように扱われる。

解説
現在の整体は多種多様である。日本武術の柔術や骨法などの流派に伝わる手技療法を中心とする整体、伝統中国医学の手技療法を中心とする整体、大正時代に日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米伝来の手技療法を中心とする整体、各団体の独自の理論や思想などを加えた整体などが存在する。 かつて柔術や骨法などでは、「正体」・「正體」・「整體」・「整胎術」 などと呼称されていた。なお、現在の整形外科学をベースとした柔道整復(接骨・整骨)とは、施術に対する思想、施術内容がまったく異なる。

 整体師の資格
整体師は誰でも名乗ることができる。民間資格は存在するが、無資格でも問題は無い。
Wikipediaより



書いてあることがいまいちわかりにくい(笑)
さらに日本での現状でいえばいろんな流派があり、
民間療法ゆえ、各自が独自の理論で施療を行っている。

来院する患者さんによく言うのだが

「整体の先生が10人いれば10通りのやり方がある」

手技を行うときに各先生の考えがでるので検査の仕方、アプローチの仕方はそれぞれだが、
究極の目的は一緒ではないかと思う。

「その人が良い姿勢(身体のバランス)でいる時にはその人は健康である」
整体療法1

この良い姿勢(身体のバランス)を目指すことが整体療法の目的であり、
その方向に向かって色々な手技を施し、健康な状態にしていく。


この事がいろんな流派が存在はするが整体療法の原理原則なのでないかと思う。

では整体療法の限界とは?

その2へ.........









スポンサーサイト

テーマ : 美容と健康
ジャンル : 心と身体

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。