スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝起きると腰が痛い-朝型腰痛

「朝起きると腰が痛い」

朝起きると腰が痛い2

腰痛を治すにはその腰痛がどのような腰痛なのか知る必要がある。
一言で腰痛といっても色々な種類があり、
その腰痛の種類で原因も違えば治療法も変わってくる。

その腰痛の種類に合った治療法や改善策を正しく行わなければ、
腰痛は治らないし、かえって悪化する恐れもある。

いろいろな腰痛がある中で「朝起きると腰が痛い、ただお昼頃にはなんとなく良くなっている」

このような腰痛を「朝型腰痛」と呼んでいる。

この腰痛の特徴は朝起きた時に腰とおしりの境目辺りが痛くなる。
朝起きると腰が痛い3

しかし、多少の痛みを我慢して普通に生活していると痛みがなくなるように感じる。

朝起きた時の少し間を我慢すれば痛みが引くので、
ついつい腰痛に対してのケアを怠りがちなるのがこの腰痛患者の特徴。

朝起きた時に腰が痛いので寝具に原因があると考え、
寝具を変えてみたり、寝方を工夫するのだが痛みは消えず、
腰痛が起きている時間が増え始め、さらには長時間座っていたりすると腰痛が出る様になり、
お尻から足にかけてしびれも出る様になる。

この朝型腰痛の原因は骨盤にある「仙腸関節」のズレが原因。
朝起きると腰が痛い1

仙腸関節とは
仙骨と腸骨の間の関節。体幹の骨と下肢帯との結合部であると同時に,仙骨と左右の寛骨が結合することによって骨盤が形成される。仙骨と寛骨は仙腸靭帯や仙結節靭帯などで固く結合される

この仙腸関節は歩行時にわずかながら動くので多少のずれを起こしていても、
動かすことにより正しい位置に戻るので、普通に生活していると痛みがなくなったように感じる

但しこの仙腸関節にズレを起こしているという事は腰や骨盤をさえている筋肉に歪があるか、
筋力低下などの問題を抱えているので痛みが消えても問題が解決しているわけではない。

朝起きると腰が痛い4


この朝型腰痛を放置すると、やがて坐骨神経痛や慢性的な腰痛へと発展する。

この朝型腰痛は骨盤の調整もしくは適切な運動療法により比較的短期間で改善することが可能。

痛みが引くから様子見様でなく、痛みが軽いうちに対処して置くのが最善といえる。

火種は小さいうちに消しておくことが肝心!
大火事(ひどい腰痛)になってからだと消火活動も大変になりますよ









肩こり 太田整体院

スポンサーサイト

テーマ : 膝痛、腰痛、肩こりよ、さようなら!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 腰痛

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。