整体通信 No.36-ノーシーボ効果

〓〓〓整体通信 No.36〓〓〓〓 
ノーシーボ効果
2007年4月22日配信

⇒⇒ノーシーボ効果⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
「病は気から」こんなことわざがありますよね。
自分を病気だと思いこむと本当に身体が悪なっていく。
これを「ノーシーボ効果」と言います。
このノーシーボ効果について
第二次大戦前に行われた有名な実験があります。
その実験を紹介します。

ある国にブアメードという名の健康な身体に恵まれた死刑囚がいた。
この死刑囚はある医師から、医学の進歩のために命を捧げてほしいと持ちかけられた。「人間の全血液量は体重の10%が定説となっているが、
我々は10%を上回ると考えているので、ぜひそれを証明したい」というのだ。
彼はその申し出を受け入れ、間もなく実験が開始された。
目隠しをされてベッドに横たわった彼は、
血液を抜き取るために足の全指先を小さく切開された。
足元には容器が用意され、血液が滴り落ちる音が鳴り響く実験室の中で、
1時間毎に累積出血量を聞かされた。

やがて実験開始から5時間が経ち、
総出血量が体重の10%を越えたと医師が大喜びした時、
この死刑囚は死亡していたという。

ところが!この実験、実は血液を抜き取っていなかったのだ。
彼にはただの水滴の音を聞かせ、
体内の血液が失われていると思い込ませただけだったのである。

出血もしていないの、どうして死亡したのか?
思いこむとそうなってしまう心理的作用が働いたわけです。

ここまでオーバーでは無いにしても身近には
明らかにノーシーボ効果の作用と思われる事例がたくさんあります。

例えば病院へ行くと悪いところしか言いません。
確かにそれが仕事なのですから仕方ないのですが、

病院へ行くという行為は患者さんにとって不安が多きもの、
そこに輪をかけるように医者から治らないと宣告でもされたら
治るものも治らなくなるのは当たり前の話です。

医師が100%正しい事を言うのであれば良いのですが、
それは彼らの習った医学の範囲内でのことです。

その医師が勉強熱心なら良いのですがそうでない人もいますからね。
そのような医師に治らないと安易に言われた人はどうなるのでしょう?

よく年配の方がひざ痛や腰痛などで
医師や治療家に言われる台詞があります。

「老化なのでうまく付き合ってください」

このように言われたという患者さんに対して私は断固反論します。
人の治癒力は死ぬその瞬間まで存在しています。

世の中に治らない病気はありません!!
治らない病気というのはそのことに対して
正しい知識が無いかもしくは
そのことが解明されてないだけの話です。

よく当院で病院にいっても治らなかったのに
良くなったという話をしていただきます。
別に私は特殊なことしているわけではありません。

曲がったものを真っ直ぐにただそれだけのことなのです。
そうすることで身体の方が凄い力をみせてくれるのです。
それが整体療法の神髄だと思っております。

患者さんのメンタルな部分も考えず、
数値と検査結果だけを見て判断し、
ノーシーボ効果を植え付けるような、
今の医療のあり方には断固疑問を投げかけます。


⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒


まぐまぐ「整体通信」申し込み


携帯の方は
ミニまぐ「整体通信」申し込み



頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院




スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク