整体通信 No.42-骨盤のお話その2

〓〓〓整体通信 No.42〓〓〓〓 
骨盤のお話その2

2007年6月3日配信

⇒⇒骨盤のお話その2⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
骨盤がゆがむと具体的にどんなことが起こるのか?
まず代表的なもので腰痛です。
骨盤がゆがむと腰椎や腰回りの筋肉のバランスが崩れるので腰痛を起こします。
また骨盤と腰椎のバランスが崩れることにより、
腰椎の間にある椎間板がストレスを受け、
椎間板ヘルニアを起こす原因にもなります。

実はあまり知られていないのですが、
「骨盤臓器脱」という病気があります。
骨盤臓器脱は、性器脱とも呼ばれる。
女性の骨盤内にある子宮や膀胱、
尿道などが膣(ちつ)を通って下りてきてしまう。
このため、症状としては、「何となくおなかの中が下がった感じで、気持ち悪い」
「いすに座るとき、陰部のあたりで何かが押し込まれるような違和感がある」「
残便感がある」といったものや、
「入浴中に膣のあたりで、何か丸いものが出てきているのに触ってしまった」
ために、気づくケースもある。
患者の多くは出産経験者。
子宮や膀胱などの臓器を支えている「骨盤底筋群」という筋肉が、
出産時に大きく引き伸ばされる。
通常は産後に回復するが、難産だったり、
産後の早い時期から腹圧がかかる動きなどをすると、
元に戻るまでに相当時間がかかったり、
完全に戻らない場合もある。
すると、後年になって、加齢や閉経による女性ホルモンの減少などによって、
骨盤底筋群が弱り、臓器を支えられなくなる。
出産以外にも、便秘で排便時に力むことが多かったり、
肥満や、持病で慢性的にせき込む人なども腹圧がかかるため、
骨盤臓器脱になる可能性がある。

女性の泌尿器科疾患に関する電話相談で昨年、
最も多かったのは「骨盤臓器脱」だったそうです。

これも骨盤変位が大きく関わっています。

このような病気を予防する意味でも
骨盤の適正な矯正がとても重要な意味を持ちます。

いきなり整体やカイロプラクティックに行くのは抵抗あるかも知れません。
そういう人はまず自分で歪みを知り、
出来るところから自分でやってみるというのはどうでしょう?

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
最近、不妊で悩む女性や切迫早産で悩む女性が増えている。
当院でも長年、不妊で悩んでいた女性が骨盤の調整を行ったら、
ご懐妊したという例が何例もある。
私自身は不妊治療の目的のために施療を行ったことはないが、
婦人系の病気などには骨盤調整は欠かせない施療と言える。

骨盤の状態が良ければ妊娠もしやすいし、また安産にも重要な要素だろう。



まぐまぐ「整体通信」申し込み


携帯の方は
ミニまぐ「整体通信」申し込み



頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院
スポンサーサイト
プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク