スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体院の通院期間-太田整体院

最近、立て続けに久しぶりの患者さんが当院にお見えになった。

どのくらい久しぶりかと言うと一年以上の時間が経っている。

ちょうど同じ時期に当院に来たのだが、その後経過は全く違うものになっていた。

その2つのケースを紹介しよう。

30代女性 慢性的な腰痛と肩こりのAさん
Aさんの場合、骨盤と腰椎の変位によって腰痛が起き、
それがもとで肩こりを併発するという典型的なパターンの腰痛、肩こり併発型の人だった。
初めての来院時には毎週マッサージ等の何らかの施療を受けているという状態だった。
施療は問題となる個所を丹念に施療。
初回、二回目の施療でほぼ痛みなどはほぼ消失。
今後の再発の防止も含めて細かい変位も取り除くため、
一ヵ月半の間に数回施療をおこない問題点は改善され、生活面でのアドバイスをして、
いったん施療を終了して、身体に不調があればまた来るようと告げた。

20代女性 こちらも慢性的な腰痛と肩こりのBさん
Bさんの場合も骨盤と腰椎の変位によって腰痛、肩こりが起きるという整体院ではおなじみのパターン。
施療のプランもAさんと同じような形がベストなのだが、、、、、、、
初回の施療で痛みがだいぶん改善されたことに気を良くして、そのまま通院しなくなった。


そして一年以上の間が空いて、再び二人が当院にお見えになった。

二人がどんな一年を過ごしたかわかりますか?

Aさんはこの一年ほぼ何事もなく、健康的に過ごせたそうです。以前は毎週のようにマッサージなどに通っていたが、この一年は全くその類の施療は受けてなく。
今回も夏前に少し忙しい日々を送ったおかげで肩の調子が思わしくなくなったので施療を受けに来た。
久しぶりだったので全体を検査したが上部胸椎の変位と関連する筋肉の収縮を調整するだけでよかった。
今回はこの一回で終了。
おそらく当分は何の不具合もなく過ごせることは間違いない。


Bさんは当院の施療のあとしばらくは調子が良かったのだか、ひと月もすると次第に肩こり、腰痛の症状がではじめ痛みに耐える日々が始まったそうだ仕事が忙しく、施療を受けに来る時間もなかなかとれなかったので痛みが耐えられないほどになると会社近くのマッサージ店でほぐしてもらう、
そんなことを繰り返していたそうだ。
そしてついにはマッサージ店に行っても痛みがとれず、当院に再び来たというわけなのである。
当院に再び来た時には身体の各部分の変位は一年前と変わらない状態、いやそれ以上に悪い状態だった。
適切に骨格調整を行った結果、痛みは改善されたがやはり数回の通院が必要だあった。
おそらくまた仕事で来れないと言っていたので痛みが我慢できなくなるレベルにならないと来ないだろう。
しかし、その期間は以前よりももっと速くなるに違いない。
無理して我慢していれば取り返しのつかない状態になる可能性もある。

このAさんとBさんの施療後の経過を見てもわかるように
治す時には徹底的に治すことが肝要なのです。

当院では痛みがあるところでだけでなく、その他本人が気が付いてないところまできめ細かく施療を行うことを心がけています。
そのために最初は何回かの通院をお願いしますがそれは痛みの改善だけでなく、
皆さんに施療後も健康的な生活を末永くおくっていただきたいからなのです。


治す時には徹底的!!

頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院




スポンサーサイト

テーマ : 肩こり・腰痛など・・
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。