整体覚書3「縮み改善2」-大曽根太田整体院

筋肉の収縮の改善2


2.普段あまり使われないために縮んだ状態のままの場合

普段あまり使われていない筋肉は萎縮した状態になっており、
組織との癒着も起こり、筋肉自体の可動性が損なわれている。

このような筋肉に対して急激な力(運動やストレッチなど)を加えも逆効果。
錆びついたドアを力ずくで開けようとするとドアの蝶番そのものが壊れてしまうように
このように普段動かしていなく萎縮した筋肉に急激に伸ばす力を加えても、
筋肉自体の防衛反応により、さらに縮むか、組織が破壊され事もある。

このような場合は縮む方向にゆっくりした力を加えつつ、筋肉を動かし、
改善させて行く方法を行うことが有効。
さらに組織の癒着がある場合は癒着を取りながら稼動させていき、少しづつ筋肉の可動域を増やしていく事重要。

普段あまり使われないために縮んだ状態のままの筋肉は

ゆっくりと時間をかけつつ動かして行くことが改善ポイント。


頭痛/偏頭痛/緊張性頭痛/群発頭痛の改善には頭骸骨療法
http://ota-seitai.com/zutsu.html

腰痛/肩こり/膝の痛みには一般整体療法
http://ota-seitai.com/katakori.html
http://ota-seitai.com/youtsu.html

側湾症/ピラティス/コアトレ/身体能力向上には機能改善教室
http://ota-seitai.com/sokuwan.html
http://ota-seitai.com/kaizen.html


名古屋市北区大曽根の太田整体院
スポンサーサイト

テーマ : 肩こり・腰痛など・・
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク