スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

触診が命なのです。

昨日こんな事がありました。

帰宅途中、コンビニによって買い物を、、、、

氷(1.1キロ袋詰め)とアイスクリームを購入。

いつも買っているものなので大体の金額はわかる。

氷は200円程度でアイスも100円ちょっと、合わせても300円くらいの買い物。

そのつもりでお金を出そうとしたが、レジが600円と表示して、店員さんも600円を要求。

私はそんなに高い氷なのかと思い、すぐにおかしいと気付く。

店員は私が千円を渡しても何も疑問に思わず、400円ほどのおつりを、、、、

私がレシートを要求してレシート確認すると何が起きたかすぐ分かった。

前の買い物客の会計がそのまま私の買い物にかぶっていた。

おそらく、前の客のレジを締めずに私の買い物を打ち込んだことが原因。

余分に払った分は返金していただいたが、

普通に考えればただの氷とアイス一個で600円にはならないと思うのだが、、、、、

今のレジは何も考えなくてもバーコード読み取り、ボタンを押すだけで作業ができてしまう。

正しく使えば間違いが起きないが操作を誤れば今回のような間違いが起きる。

どんなに高度な機械も操作する人間次第なのだが、

その便利さ故に機械を過信して、間違いに気がつかないことがよくある。

このようななことは医療現場でも起きていること、、、、

患者を見ず、触りもしないで、検査結果だけで判断している。

たまに起こる患者の取り違いもこのようなことが原因で起こる。

私が手技にこだわり、どのような患者さんでも念入りに触診するのは、

たとえ患者さんが腰痛を訴えてもその原因は別のところに要因が隠されているのでないかと思い、

患者さんの訴えだけに流されないようにするためなのです。

たまに手技療法家のなかにも腰痛を訴えれば腰とその付近しか見ないという人がいる。

たまたま腰痛が治ったとしても他に要因があれば別の形で症状が現れる可能性がある。

そういうところまで見越して根本治療を行うのが整体療法家としての役目だと考えます。

患者の取り違え=原因の取り違え

一人、一人丹念に看ていく、触診が私の整体療法にとっての生命線なのです。

スポンサーサイト

テーマ : 肩こり・腰痛など・・
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

大曽根太田整体院

Author:大曽根太田整体院
頭痛、肩こり、側湾症でお悩みの方へ。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
腰の痛み、膝の痛みでお悩みの方もご相談下さい。
http://ota-seitai.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。